血圧を下げる日本食とは

血圧を下げる日本食とは、まさしく和食のことです。血圧を下げるには和食が一番で、血圧を下げるカリウムやマグネシウム、カルシウムなどを多く含んでいるからです。血圧を下げたいなら日本食を摂るとよく、例えば、朝食は、ごはんのほうがパンよりおすすめです。朝食を摂る場合、カリウムを含む豆味噌や昆布の佃煮、ひじきなどがよいでしょう。夜の血圧を下げる食事は、和食なら魚がおすすめです。

但し、焼く場合は、味付けに注意し、塩やしょうゆは控えめにします。塩分の摂り過ぎは血圧を上昇させてしまうので、塩分は控えるようにする必要があります。和食はあっさりしていますが、塩分は高めの傾向にあるので注意が必要です。魚や野菜の煮物は、火を通してからだしをきかせた煮汁で煮れば、薄味のもの足りなさをカバーできます。日本食の味噌や醤油などには、かなりの塩分が含まれているので、高血圧の人は味噌や醤油などの量には気をつけることです。
調理する時はできるだけ減塩するようにし、野菜や果物などでカリウム、マグネシウム、カルシウムをしっかり補えば、日本食は高血圧などの生活習慣病改善に効果的な食事なのです。

貧血予防サプリ