血圧を下げる日本食とは

血圧を下げる日本食とは、まさしく和食のことです。血圧を下げるには和食が一番で、血圧を下げるカリウムやマグネシウム、カルシウムなどを多く含んでいるからです。血圧を下げたいなら日本食を摂るとよく、例えば、朝食は、ごはんのほうがパンよりおすすめです。朝食を摂る場合、カリウムを含む豆味噌や昆布の佃煮、ひじきなどがよいでしょう。夜の血圧を下げる食事は、和食なら魚がおすすめです。

続きを読む